女性の更年期障害・症状とは?

女性の更年期障害・症状とは?

3d60f4302a5107661cce7dd13c894eb7_s-500
女性は40代以降、女性ホルモン減少などを原因として、
ほてりやのぼせ、イライラ、倦怠感などを感じる場合があり、
それらの症状を更年期症状、更年期障害と言います。

更年期障害には個人差があり、
症状をまったく感じない方から日々の生活に支障をきたす方まで様々です。

40代になり、特に病気などではないのに、
なんとなく体調がすぐれない・・・といった不調を感じるのは、更年期障害であるかも知れません。

体の不調に理由・原因が分からないことは不安を伴います。
また、更年期というと自分の年齢を認めなくてはならないので、抵抗があるでしょう。

しかし、体の不調が女性ホルモンの減少などを原因とした更年期特有のものであることを受け入れられれば気持ちは楽になります。

更年期は、誰もが通る道です。

これから先、更に人生を楽しく過ごす為の準備と考えることが大事です。

女性ホルモン(=エストロゲン)に似た成分である大豆イソフラボンや、
その他、サプリメントなどを上手に活用して、乗り越えていきましょう。

女性の更年期症状
女性の更年期症状は人によって様々です。
頭痛やほてり(ホットフラッシュ)の他にも、以下のような症状があります。
生理周期の乱れ
生理の出血量の変化
動悸・息切れ、めまい
手足のしびれ
イライラ、不安感など

ただし、他の病気を疑わなくてはならない場合もありますので、
気になる場合は専門医を受診することを強くお勧めします。